大麻と日本のHipHop Pt.1

最近  日本のHipHopアーティストが大麻で逮捕!みたいなニュースが増えたなと感じます。

 

私が勝手にですが

 

HipHopアーティストは大麻解放の役目を担っていると思っています。

_____________________________________________________________________________________________

 

今から遡る事21年前の2000年にアメリカでHipHopアーティストが

UP IN SMOKE TOURというライブを行っていました。ツアータイトル通り大麻バチバチ吸いながら、もちろんそれでもキレの有るラップが披露されていました。

f:id:youngjp:20210504170625j:plain

icecubeDREsnoopEMINEM.RIPnatedogg

21年前はアメリカでも大麻は違法でした、にもかかわらず歌詞で
smoke weed everyday(曲:The Next Episode) と 毎日ハッパ吸うぜ と歌っていたのをよく覚えています。

 

2000年のUP IN SMOKE TOURから約10年後に(2012年にコロラド州ワシントン州

アメリカで大麻が合法になりました。_____________________________________________________________________________________________

それから更に約10年後の今2021年

日本のHipHopアーティストが同じく大麻を吸いながら
今までより更に赤裸々にラップしてみせています。

 

今2021年から10年後、日本と大麻はどういう関係になっているのでしょうか。

日本では土壌が全く違うのでどうなって行くのか


私はコーヒーでも飲みながら思いを馳せてみる事にします。

_____________________________________________________________________________________________

 

次号では過去に日本のHipHopアーティスト達(NIPPS, MACKA-CHIN ,SEEDA)がどう大麻を表現したのかを思い返してみたいと思います。

 

ご拝読ありがとうございました。それでは次号でまたお会いしましょう!

young555.net

 

#大麻 #HipHop #日本語ラップ